5 鳥インフルエンザ・口蹄疫 / 조류독감 구제역

2011/1/17~2/10 │ 1/10~161/1~92010/12/28~3012/21~27 

 

【韓国】注南貯水池でマナヅル元気のない状態で発見/주남저수지 재두루미 탈진 상태로 발경 (2011/2/6)

 韓国のメディアなどによると、韓国の代表的な渡り鳥の渡来地である慶尚南道、昌原市(チャンウォンシ)にある注南(チュナム)貯水池で、2月5、6日の二日間に元気のないマナヅル5羽が発見され、治療を受けていると昌原市が発表した。

 5日に発見された3羽に関して血液を採取して国立獣医科学検疫院に鳥インフルエンザの検査を依頼した。6日に発見した2羽に関しても、同様に検査を依頼する予定だ。注南貯水池では1月初めにもオオハクチョウ、2羽が元気のない上体で発見され、鳥インフルエンザの検査を行ったが、陰性だった。市の関係者は「餌を与えたところ3羽のうち2羽は元気を回復したので、鳥インフルエンザでなく寒さのせいではないか」と語っている。

  

●関連記事原文は次をどうぞ/관련기사원문은 다음을 보십시오.

YTNニュース/YTN뉴스 http://www.ytn.co.kr/_ln/0103_201102061902066159

ニューシス/뉴시스

http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?articleid=2011020617042766780&linkid=4&newssetid=1352

 

 

 

【韓国】口蹄疫300万頭以上を殺処分、防疫過労で公務員7名死亡/한국 구제역 300만 마리 이상 살처분, 방역 과로로 공무원 7명 사망 (2011/2/4)

韓国のメディアによると2月2日現在、口蹄疫で殺処分された家畜数が300万頭を突破した。家畜ごとに整理すると、次の通りだ。

  牛=3562戸 148,019

  豚=1508戸 2,864,984

  山羊=186戸 4746

  鹿=131戸 2756

 韓国政府は、2日から5日間の旧正月連休の間に人や車を媒介にして口蹄疫ウイルスが伝わる可能性が大きいと見て、帰省客に特別に注意するよう訴え、連休の間に防疫に総力を傾けると伝えた。

 農林食品水産部の関係者は「政府は旧正月のとき、酪農農家を訪問することをお願いする」と述べ、「口蹄疫発生地域をやむを得ず訪問するときは、人と車両の内部・外部の消毒を徹底して行うことをお願いする」と述べた。

一方、鳥インフルエンザは、合計81箇所の疑いの申告があり、その中で40件が要請、39件が陰性と確認され、先月(1月)全羅北道のコチャンでも疑いの申告が行われ、現在検査中だ。

鳥インフルエンザは、現在5つの市・道、16箇所の市・郡で殺処分された家禽は、243農家、5,411,283匹と集計された。 

 また、口蹄疫の防疫に動員されていた公務員が過労で亡くなり、これまで韓国全国で7名の公務員が亡くなっている。慶尚南道の河東郡は、農業技術センターのイム・ギョンテク(51歳)特化産業係長が31日の夜11時ごろ心筋梗塞になり、病院に運ばれたがなくなったと発表した。イム係長は昨年11月に安東で口蹄疫が発生した以降、1日2交代の非常体制で勤務してきたが、31日には仕事を終えたあと「とても疲れた」と言っていたと同僚が話している。

 河東郡ではイム係長が日ごろ持病もなく健康だったところから、口蹄疫の防疫作業などで疲労がたまり亡くなったものと判断、労災申請をする方針だ。

 

 参考記事原文は次のHPをごください/ 참고 기사 원문은 다음 HP 보십시오.

천지일보 http://www.newscj.com/news/articleView.html?idxno=67876

뉴스엔뉴스 http://www.viewsnnews.com/article/view.jsp?seq=71863

 

 

韓国での口蹄疫の拡散の様子/한국 구제역 확산 현황(2011/1/25)

 聨合通信がまとめた口蹄疫の全国拡散の状況を示す地図。赤丸が韓国固有牛(食肉用)、青丸がブタ、黒丸が牛乳用牛。地図で分かるように、全羅南道・北道のみ、口蹄疫が流行していない。ただ、この地域では鳥インフルエンザが流行していてる。

韓国の口蹄疫の現状
韓国の口蹄疫の現状